スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

「『私の名前のいちごを植えたい!』って言ったのが始まりでね。」

週末、家族で、山梨の石原さんのところにいちご狩りに伺った。
夏はなすでお世話になる石原農園。
本業は、観光イチゴ狩り農園である。

冬の12月ごろから5月いっぱい。
多くのお客様を農園に迎え入れている。

まだ長男一人しかいない時から来ているから、6年目くらいになるだろうか。

3歳の三男までは、もう慣れたもので、自分でいちごを摘み取りながら、ヘタを取り、いちごの頭の方から口にする。
「うまーい!」
「これうま~。」

次男と三男はどこで覚えたのか知らないが、良いリアクションをする。
長男は、全員に配られる練乳入れをどこぞに放置して、両手いっぱいにいちごを持って、そこから思う存分、黙って食べ、時々、「すっごいでっかいの見つけた~ とーちゃんあげる。」と言って手渡してくれる。

9か月の四男は、石原お母様が気を利かして、抱っこしながら別室で面倒を見てくださっていた。

主力の品種は、紅ほっぺと章姫(あきひめ)。
章姫は少し細長く、酸味が極端に少ないので、すぐにそれと分かる。

ふと、気づくと、赤いいちごの中に、少し橙色がかかったような色の薄いいちごがあった。

「これはもしかして。」と思って食べてみると、やはり、と思った。

桃薫(とうくん)だ。
桃の香りも、味もする品種で、完熟してもやや色が薄い。

ちょうど妻が近くにいたので、「これ食べてみ。」と言って渡してみた。

「なにこれ~ 桃の香りと桃の味!」

声を聴いた長男が来たので、また渡してみた。

「なにこれ白いじゃん、まだとっちゃだめだよ、とーちゃん。」
「いいから食べてみ。」
「え~!」と言いながら食べさせると、「あ、本当だ、桃の味だ。」と、その意外性に驚いていた。

石原さんが、葉かきなど手を入れに、ハウス内にいらしたので、「”桃薫”つくってるんですね!」と水を向けた。

「そうそう、桃香がきっかけでね。」

石原さんの長女 桃香ちゃんが、自分の名前のいちごを育てたい!と探して、存在したけれど、手に入らなかったところ、近くのホームセンターで"桃薫"の苗が売っていたので、一昨年から少し植え始めたのがきっかけだったそうな。
今季から本格的な数量を購入し、定植した。
植え方にも妙があり、いちごの一列の畝の、ところどころに植えた。

いちご狩りに来たお客様が、気づいて食べると、桃の味だ!というので、驚く、という寸法。

これが…

最新の投稿

キノコとトマトのアヒージョ。

津嘉山(つかざん)とのご縁?

しくじり。

沖縄のかぼちゃ。

なぜ、沖縄か2。

なぜ、沖縄か。

半ば、トリプルブッキング。

沖永良部島空港にて。

永良部での失態2。

永良部の朝。