スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

信用。

寝る前に、”板橋区、事務所”で検索。 翌朝、起きて思ったことがある。 第三者であり、金融のおそらくプロである賃貸保証会社が、当社に対して”信用が置けない”と判断したことは真摯に受け止めなければならない。 2020年は再び激動の年で、それを乗り越えるために様々な補助金・助成金に申請し、多くに受かった。 どこか、認められた気持ちがあったけれど、そうではない。 まだまだ、なんだ。 特に財務的には。 気に入った移転先に、当社はまだふさわしくない。 事務所として、譲れない諸条件があったけれど、何かを犠牲にして、月々の家賃をまだまだ抑えなくてはいけないフェーズ、そう思った。 気に入った移転先がもしダメなら、もう5万円追加してでも、似たような物件に入居したい、という気持ちはいったん凍結。 敷金礼金を加味すると、百万円を超えてしまう。 この気持ちはダメだと思った。 そう思うと、意外にも二つ物件を発見し、さっそく電話して内覧した。 いずれの物件も、仕事の導線のイメージが付いた。 板橋区産業振興公社に泣きついていたら、もう一つの手も教えてくれ、実際の物件も紹介してもらった。 現在の事務所から徒歩10分くらいの距離にあった。 事務所の二階を使っていないから間借りして良い、とのこと。 この場合、不動産会社を経由しないので、保証会社も不要。 悪くない話で、対応してくださったその会社の専務さんにも魅かれた。 元々板橋のその会社の次男で勤めていたのに、30歳になってイタリアにコック修行。 現在、愛知の豊川にレストランを持ち、週末は自宅のある豊川に帰り、そちらの仕事を、平日は、板橋で会社の専務を務めている、とのこと。 豊川と浜松は目と鼻の先。 専務も当社のトマトに興味、というか血が騒ぐそうで、なんだか面白いご縁だと感じた。 それでもなお。 第一希望の物件は第一希望のままであり…。 思い切って、朝一に管理会社を訪問。 現在の通帳と今期の試算表を提出し、思いの丈を述べて、これで今一度、保証会社の審査に出してもらえないか懇願した。 それくらい、第一希望の物件は、ワンフロアで、広さ、立地ともに、これからの当社に合致している。 これでだめなら、冒頭に述べたように、潔く(すでに潔くないのだが)、審査の結果を受け入れようと思う。 「これだけ熱心に申し込みしてくださる方なら、ぜひ弊社としても入ってほしいんですが…

最新の投稿

今年のパインは??

今年の不知火は???

”特選”開始!

大事にしたいこと。

強み?

隣のお店。

隣の芝は青い?

カラフルトマトのサラダ。

能登島の高さん2。

能登島の高さん。