スイカの新作の話。

 昨夏。

まだまだ暑かったころ、マツコさんの何かの番組で、スイカの特集を組んでいたことがあった。

一人のスイカマニアが、マツコさんに、自分のお気に入りのスイカをご紹介する内容だった。


その中で、新品種も紹介していて、一つがピノガール。

小玉スイカで、種が気にならないという摩訶不思議な小玉スイカ。

種なしスイカは技術的には可能なのだけれど、食味がどうしても落ちる。

では、種は入るけれど”気にならない”ものであればよいのでは?

という、一度は食べてみたくなるスイカだった。


もう一つが、金色羅皇。

羅皇は、大玉スイカの人気品種で、大産地である熊本では引っ張りだこの種。

その、改良種で、糖度15度にもなるオレンジ色の果肉の大玉スイカ、との触れ込みだった。

金色羅皇スイカ↑

大玉スイカの生産者さんの内田さんも、同じ番組を見ていたそうで、「種が手に入れば、植えますね。」なんてやりとりをしたものだった。


来月4月は、その内田さんのスイカのはしり。

どうなったかな?

コメント

人気の投稿